ご報告でございます。

先日より(というか結構前から)故障している東芝製プラズマ42P3000です。

このブログをご覧になったfreetempoさんが、ご自宅の同機種も同現象にて液晶テレビに「無償交換すると言われましたよ」と教えて下さいました。それはけしからん、と一応、先日東芝の修理にその事を聞いてみた次第です。

ほとんど期待はしてませんでしたが、今日、やっと東芝の修理から電話があり、例の無償か有償かの返事がありました。

結論は、「有償」です。

ホント、『期待』に応えてくれるなぁ。東京芝浦電気さんよ。

「すんませーん。」って修理のおじちゃん。なんだかんだと理由こねてましたけど、使用期間によっては、実際に無償で交換させて貰っている所もある、と正直に言ってました。でもうちはダメだと、「工場の判断なんです。」と。

そんで僕は、「へぇへぇ、別にいいんですけどね。どうせリビングには液晶置く気は無いし、東芝はプラズマから撤退してるから、始めから買い替えの選択肢から外れてるんでやかましく言わなかっただけの話ですよ。別の部屋にあるテレビの買い替えとして、その液晶テレビへの交換に応じただけであって、リビングには別メーカーのプラズマ買いますから。それにクレーマー扱いされても気ぃ悪いですから。でもね、大体30万円の部品が4年で壊れるって、そんな事、普通、通りませんよ。」って言ってやりました。どうせ、東芝自体、本気で修理する気は無いわけですから。例え30万出して修理した所で、また同じ現象で壊れるし、だから非現実的な修理費用を言ってくる訳で。もう、まともに相手にしません。

おじちゃんが言うには、うちの壊れたプラズマは8000時間使用してて、「プラズマパネルの寿命はブラウン管と同じ25,000時間って言われてるんです」と。それがなぜ有償になるかは理解出来ないし、構造が全く違うプラズマパネルとブラウン管の寿命が同じ扱いという理解も出来ない。大体、4年で壊れるブラウン管テレビって聞いた事ないよ。

まぁそのおじちゃんが悪い訳でもないし、東芝製品を買った僕が100%悪かった。重過失だった。それだけの事。もう絶対買わないから。

そうそう、最後におじちゃん、「出来るだけ安くなるように、掛け合ってみますから、すんませ〜ん。」って言ってました。

別に期待してないです。