預かって久しい、いとこのBIBLO NE7753です。富士通のノートパソコン。液晶が真っ白になって使い物にならず、メーカーに修理に出してLCDの交換が必要という事で、65,000円かかると言われた代物です。

検査料5,250円だけ払って返してもらい、そのままでした。というのも、インバーターの交換でしたら15,000円という見積もりだったので、その場合は修理する予定だったのですが、「液晶まるごと交換」という返事だったので。

でも故障箇所さえ分かればこっちのもんですよ。っていうか、(液晶まるごと交換)=(含むインバーターの交換)でもある訳ですが。

そして先日ヤフオクでちょうとNE7753の液晶部分だけが出品されているのを発見。その時点で残り2日ある。入札は0件。

中古ではあるが正常品で、比べ物にならないくらい安い。立て替えている検査料と僕の修理手数料込みでも2万円もかからん。

そして、締め切り当日。いつものようにギリギリの入札のため、締め切り2時間前に覗くと0件だった入札件数が2件となっている。ヤバイ。ライバル登場だ。

希望落札価格が設定されていたので、その価格での入札が入ると即決してしまう。他には同様の出品は見つからなかった。是が非でもGETしなければならない。

様子見で入札すると、すぐに自動入札で価格が上回った。これは向こうも落とす気である。希望落札価格まであと1,000円だったので、これはちゃっちゃと落とそうと希望落札価格で頂きました。

そして届きました。

BIBLO修理1

BIBLO修理2

BIBLO修理3

BIBLO修理4

BIBLO修理6

BIBLO修理7

BIBLO修理8

つうか、液晶が悪いのは始めから分かってたんだから、最初から液晶の中古を探せば良かった、という突っ込みはナシよ。
(*´Д`*)

とりあえず、あまった液晶部は暇な時に分解して遊ぶため、とっておくのだ。