夜勤明けの9月11日。次男坊の誕生日です。
5才になりました。
職場での朝食前にも、「皆さん、おはようございま〜す。今日は9月11日木曜日です。うちの次男坊の誕生日です。5才になります。」とご報告。

「おめでとう。」「おめでとう。

「ありがとうございます。」と一気に嚥下体操に突入。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

この夜勤も忙しかった。(夜勤業務以外が忙しい僕。)

・互助会の夕食班(9店舗)の日取り決め。
・フロア会議の議事録。
・壁飾りの準備と一部貼り付け(個人的にはつるし柿が最高)。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

夜勤終了後、開設以来ずっと勤めてきた男性介護士が辞める事を聞き、「またか。」と少しショック。仕方ない。彼にとってそれが望ましいのならば。という事で、男会の相談。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
さて、昼から2時間ほど寝て15時半に起きる。寝不足で頭フラフラ。めまいがする。しかし、次男を保育園に迎えに行かなければならない。それからプレゼントを買いにいって、夕食を食べに行く予定。

めまいを抑えて着替え、嫁や長男、娘を乗せて保育園へ。

駐車場へ着き、園内にトコトコと歩いていくと、後ろから嫁が、

「髪が割れとる。」と。確かに寝癖はとっていないが、勝手に大丈夫だろうという何の根拠もない期待という名の思い込みで出発していた僕。右手で後頭部をさわると、ミステリーサークル状態。

・・・・・。帰ってくる。」

と一人帰宅して、寝癖をとり、再び保育園へ。

裏の駐車場に止めていた車に乗り込んだとき、保育園の窓から顔を出す2人の先生。

「誕生日おめでとう〜!! どこに行くの〜?」と声が聞こえる。

車の窓から次男が、「かっぱ寿司〜!!ヾ(=^▽^=)ノ」

なんだ、この猛烈な恥ずかしさは。まさに門外不出の情報だろ。

そう、かっぱ寿司はつい最近オープンした回転寿司。僕は並ぶのがすごく嫌なので、混まないうちに店に入りたい。早めにおもちゃを買わなければ。

町内のとあるお店に向かった。お目当てのやつが見事に1つずつあった。(あぶないあぶない。)

【炎神戦隊ゴーオンジャー】
・エンジンジャンボエール(次男希望)
・エンジンジェットラス(合体のため、うんぼぼ買い足し)

嫁が「ジェットラスはサンタさんからもらったら?」なんて言うから、「これが無いとロボットに出来ないだろ。」

2つで6000円少々。まぁこんなものか。本当はエンジンオーとジェットラスを買って、クリスマスにサンタさんからジャンボエールを貰ったら良いと思ったのだが、次男の希望が最優先である。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

それから市内に車を走らせる。17時過ぎかっぱ寿司着。
駐車場空いてる〜。平日だしね。
かっぱ寿司1


お目当ての特急レーンで新幹線が運ぶヤツ。
かっぱ寿司2


かっぱ寿司3


かっぱ寿司4


合計35皿でした。 味は、こんなもんなんかな。