17日(土)。

消防(うちの部)で焼肉を食べに行った。本当は今年は旅行の予定だったが、延期になった。多分、来年の5月くらいか。よその部と違い、普段、食べたり飲んだりはしないため、予算は溜まっていく。4年前は沖縄に行ったのだが、次は1泊で行ける所になるみたい。休みが取りにくい人もあるからと。

僕は酒が飲めないし、飲みたくもないので自分の車で。他の人は店が手配したタクシーで。そう、送迎の車かと思ったら6人乗りタクシーが来ていた。

さて、一足先に店に到着。
消防焼肉1


お金は気にしないでいいので、ガッツリと行く予定。
消防焼肉5

しかし、会計(実はよしかず会会長だったりする)がまだ来ない。

電話をする。

「まだ仕事中でいつ終わるか分かれへん。」

とか言うもんだから、「仕事ども終えてさっさと来い。」と。

お金の確認をすると、「5万円なら持ってるけど。」って、「いや、足らんでしょ。(余裕で。)」。

しかし、他の人が念のため持ってきているという事で皆ひと安心。

危うく無銭飲食。(≧ヘ≦)

でも、心細いので「上」は頼まず、普通で。とは言ってもこの店は結構高い。が、どんどん注文する。
消防焼肉2


1時間遅れて会計到着。
消防焼肉3


そんな中、嫁から電話が入る。娘が腕を巻き込んで部屋で転んだっぽい、と。痛くて手が上がらん、と言うのだ。

「(脱臼か?)」と脳裏をよぎり、これも全てオブチャンの呪い、怨霊。許せん。
脱臼

仕返しは後でするとして、とりあえず医者に見せないと。この時点でかなり焦っている。

市内の救急に受診したとして、宿直の医者が診れる医者なのかは分からん。夜の救急はバクチみたいなものだ。

すると、隣の席に座っていた子持ちのパパさんが、「○○接骨院に電話してみたら。多分見てくれるで。」との事で、嫁に連絡。家から出発していたが待機するように言って、僕から接骨院に電話。

すると、「出掛けてていないんです。」とおばちゃん。


「(ハァ? 何をぉ?)」って感じだったがどうにもならん。


“うちの娘の腕が一生上がらんようになったらどうするんじゃあ!!”っていうくらい困った。そこで、迷惑承知でおやじさんに相談。ご近所の整形さんに診て貰えないかどうか尋ねてみると、聞いてくれた。

電話が返ってきて、「レントゲンの起動に時間がかかるから、とりあえず救急に行ってみて、医者が診れないようだったら、電話して。」との事で、「おぉ、なるほど。起動に時間がかかるもんなんだな。」と雑学を仕入れた。

嫁には救急に向かうように伝えて返事待ち。この時点では既に娘は泣いてもいないが、ヒクヒクと肩を押さえていたようだ。

受付で「もし宿直の医師が診れなくても、(診れる医師を)呼びますから。」との事で、おやじさんに連絡。お礼を言う。

そして、当の娘だが、レントゲンの機械が恐ろしかったようで、大暴れしたそうな。すると動かなかった手が動いたらしい。焼肉屋で隣に座っていた子持ちパパさんも言っていたが、意外にハマる事があるんだと。肘が抜けていたかも知れないけど、肩の痛みとして感じるらしい。あとで、おやじさんも同様の事を言っておられた。

とりあえずひと安心。
まったくビビらせやがって。オブ一族の野郎が。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

若干疲れて、休憩。

うぅ、腹いっぱい。
消防焼肉4


おやじさん、ありがとうございました(≡ω≡.)。