先日、次男が通う保育園では参観日があり、夜勤明けで行ってきました。

明けで同僚とジョイフルに行き、ご飯と喋りをして遅れて保育園に到着。

既に終りの和太鼓演奏が始まっており、園長先生が「あぁ、ギリギリセーフ、間に合いましたわ。」と。


写真手前の宮太鼓を叩いている白地に横縞の子供がうちの次男。
保育園参観日1


その後、食事が始まり、その週は体験保育か何かで保育園に通っている2歳8ヵ月の娘も昼食を食べ始める。
保育園参観日2

娘は僕の姿を発見するや、母親を押しのけて寄ってくる。そして僕が食事介助のパターン。写真手前の柵越しに食事介助。

その後、次男の様子を見に行く。

僕も再びホールへ上がり込み、食事を終えた子供たちとブロック遊びを始めた。

というのも、変わったブロックがあり、先生も「それ、ハマりますよ。」と言われていた。変わった形のブロックで「ほほう。なるほど。」と、参考図を見ながら車を作ってみた。子供たちにとっては、図を見ながらの組み立ても難しいらしい。

写真が組み立てたバギー。
保育園参観日3



僕はそのブロックを眺めながらふと思いついたのだ。

「リボルバー(拳銃)」を作ろう、と・・・。

車に使ったタイヤ部分のブロックがリボルバーを連想させたのだ。

そして、完成したのが、下の写真。 我ながら、見事である。
保育園参観日4



園児たちが「ちょうだい!!」と言ってきたのは言うまでもない。

保育園参観日5


ちなみに写真の子は、うちの子ではなくて、同僚のMさんの甥っ子である。
保育園参観日6


44マグナム


リボルバー

あぁ、拳銃欲しくなってきた。イカンイカン。