≪沢山の写真を中心に書いています≫ 


7月18日〜19日。毎年恒例となっているご近所さんとのキャンプ。今年は兵庫県北部にある香美長の瀞川(とろかわ)平にある兵庫県立兎和野高原野外教育センターに行ってきました。

瀞川平は兵庫県観光百選の第一位に選ばれているそうで、標高約550mのなだらかな地形にあるこのセンターは、127ha(西日本一)の広大な敷地と、四季折々の表情が感じられる豊かな自然環境に恵まれています。

今年、長男たちが他の小学校の5年生たちと一緒に過ごした“自然学校”の場所にもなっていて、その時は全日程で酷い雨天だったので“かつらの千年水”も飲めずだったということで、長男たちの為にと今年のキャンプはここに決まりました。


利用料金が安い。サイト2つ借りて、全員で4,000円かからず。

キャンプ場で受付を済ませ、早速近くの瀞川山山頂を目指しました。


≪瀞川山の途中にある展望台から≫
CAMP20100718_001

車で山頂のすぐ近くまで。直線の道路は北海道みたいでした。
CAMP20100718_002


上り道を100mほど頑張る。
CAMP20100718_003


山頂に到着。この山頂までの短距離登山は素晴らしい。
CAMP20100718_004


見下ろしています。
CAMP20100718_005


≪パノラマ全景≫
【クリックで拡大(PC)】
瀞川登山山頂1


とりあえず記念撮影。
CAMP20100718_006


そして(嫁が)用意した弁当で昼食。
CAMP20100718_007


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

下山後は、オートキャンプ場に戻り、テントの設営。
CAMP20100718_008


子供たちも手伝います。
CAMP20100718_009


サイト2つ借りてるので広いです。
CAMP20100718_010


そして、ここからは「かつらの千年水」を求めて、歩きで「兎和野の大かつら」を目指します。子供たちは元気なので先々に行きます。
CAMP20100718_011


その途中にあるアスレチックも目的地のひとつ。
CAMP20100718_012


20余りのアスレチックがありました。
CAMP20100718_013


CAMP20100718_014


CAMP20100718_015


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

そこから更に進んで森を抜けますと、出ました。
“兎和野の大かつら”です。立派です。

【クリックで拡大(PC)】
CAMP2010<br>
0718_016


大かつらの下の方からどんどんと流れ出ていました。
CAMP20100718_018



子供たちに水を汲ませます。冷たい水でした。
写真は次男。
CAMP20100718_017


容器に水を汲んでいるのが長男。
CAMP20100718_019


娘も手を洗います。
CAMP20100718_020



大かつらの全体像です。
【クリックで拡大(PC)】
CAMP20100718_021


そのまま下ると車道に出ます。アスレチックを通らなければ“大かつら”までは近いです。
CAMP20100718_022




さて、キャンプ場に戻ってからは晩御飯の準備です。長男たちが「カレーを作る」という事だったので皆でカレー作り。
もちろん、水は汲んできた“かつらの千年水”です。
CAMP20100718_026



次男組は野菜の皮むき。
CAMP20100718_023


ちっちゃい組は米研ぎ(米洗い)。
CAMP20100718_024


長男組は火の番。管理棟で300円で買った薪に、拾ってきた落ち葉で火を付ける。
CAMP20100718_025


長男です。妖気が立っています。
CAMP20100718_027


CAMP20100718_028


ご飯が炊けました。3つの飯盒とも上手に炊けました。
CAMP20100718_029


CAMP20100718_050

行く途中で買った新品の卓上コンロでカレーを煮込み、炊きあがったご飯によそいます。
CAMP20100718_051

CAMP20100718_030


無事にカレーが食べられました。
CAMP20100718_031


大人テーブルは卓上七輪で焼き肉。
CAMP20100718_032


陽が落ちてきました。
CAMP20100718_033


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
1日目のベストショット
【クリックで拡大(PC)】
CAMP2010<br>
0718_016

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

≪星空編に続く≫