1日には、妹の子が「もっと居たい〜。」と泣きながら神戸に帰っていきました。

そして今日、姉の子たちがやってきました。天体に関心のあるようで、簡易の天体望遠鏡を持ってきてまして、夜に組み立て後、早速土星を見るんだ、と外に出ました。

説明書には、「なんとなく見えるかも・・・」的な説明書きが。

ちなみにうちの山小屋には反射型の200mmがありますが、土星は見たことがありません。なぜならば月以外の天体にセッティング出来ないから。

っていうか、北極星に合わせることが出来ないのだ。ハッハッハ。

まあ、そんなことで、その簡易天体望遠鏡ですが、やはり土星の環の識別はいささか厳しかった。視力の良い姉は識別出来たようで、「おぉ。」って言ってましたが、僕はメガネを掛けて覗くとうまく見えないんだし。

そんな事で、駄目もとでカメラを取り出し、三脚にセット。

機材はEOS7DとEF70-200mm F4Lです。焦点距離は35mm換算で320mmですが、1800万画素でどこまで肉薄出来るか。

レンズを200mmに合わせ、絞りをF8にセット。シャッター速度は適当に1/15へ。ライブビューモードで10倍にしてピントを合わせるが、あってるかどうか分からん。

「パシャ。」
土星1


ん〜。当然、このままでは分からず。何枚か撮ってみた。

等倍でこんな感じ。
土星2


少しアップスケール。
土星3


ん〜。やっぱキビシイっすね。


そんな時は脳内で補間するのだ。

土星4