2012年05月21日

(金環)日食。

<ネットから拾った画像>
金環日食20120521


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今朝、7:30前後より日食が始まりました。

日本中で金環日食に関してワンヤワンヤと言っておりますが、うちの所では北部であり、部分日食にしかならず。

まだ布団に入っていた7:09、隣で寝ていた娘は起こされ、日食観察に連れて行かれ、奥さんが子供たちに日食メガネで日食の始まりを見せていました。

「見える見える」という黄色い声に、僕もずるずると起きてパジャマから着替え、どうしようかと考える。

まだ日食のピークまで時間はあり、一眼のEOS7DにEF70-200mm F4Lを付けて、先日職場のPTさんがくれた太陽観察用のフィルムと共に、とりあえず2階に上がって窓を明け、ライブビューに切り替えて太陽を観てみました。

以前に月を撮影した時と同様に、焦点距離320mmでは結構小さくしか撮れない。そこで、Lサイズ(5184×3456)で撮影し、後でトリミングすることにしました。

RAWで撮っていたので、高さは3456のままで4:3で現像処理したのが下の写真です。

<クリックで元サイズ>
20120521_009

これは日食が始まってからピークを過ぎた頃なので中心より左に月が過ぎていってますが、トリミング前のイメージはこんな状態です。小さいですよね。

まぁそれは分かっていることで、最大解像度で1800万画素なのでそこから切り出す訳です。

で、撮った写真がこれらです。




地球から見て、太陽の右側から月が入っていきます。
すべてマニュアルで指定しました。

実は、この時点で、大きなミスをしている事に僕は気付いていませんが、それは最後に。

まず、
感度:ISO100
シャッター速度は1/40秒程度
絞り:F4.0
焦点距離はテレ端(※)
解像度:5184×3456ピクセル

そこからのトリミングです。実際には、RAWからの現像の際にさらに調整しています。

雲がかかってて、若干不明瞭です。
20120521_001

20120521_002

20120521_003

20120521_004

このあたりだとかなり良い感じで取れてます。
20120521_005

また雲がかかってきました。
20120521_006

20120521_007

20120521_008

とまあ、こんな感じでした。

実は、ちょうど小学生の登校時間であり、集合場所がうちの前なので、子供たちが集まってて、うちの太陽観察用のメガネで順番に見せておったようです。

というのも、最初に書いていたように、僕は2階からカメラを構えていたので。でも子供たちが順番にメガネを回してキャーキャー言ってるので、これでは1人ずつしか見れないので、三脚を持って外にカメラを持ち出したわけです。

ライブビューモードで太陽を捉えて子供たちに見せてやりました。液晶モニタで皆が見れたので良かったと思います。

いつもより出発を遅らせて子供たちは登校していきました。

中学生の長男は、ちょうど振り替え休日ということで、ゆったりまったりと観察出来た様です。

小学生が登校していった後、うちの婆さんが観察の様子を撮っていました。

日食1

日食2

日食3

ちなみに長男はパジャマのままです。
日食4

カメラはこんな状態です。
日食5

ライブシューモードで拡大した状態でピントを決めて、シャッター速度で露出を調整しました。
日食6

日食7

ええ天気になりました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて、冒頭に書いていました僕の大きなミスですが、テレ端の200mm(カメラがAPSなので実際は1.6倍の320mm)で撮影していたつもりが、Exif情報によると「98mm」となっていました。

つまり、本当だったらもうちょっと大きく、もう少し高い解像度で撮影出来ていたはずなんですが、なんせ今朝の今朝まで写真など撮るつもりもなく、フィルターをレンズにかざしながらの撮影で、気付きませんでした。

なので、”次回の金環日食”の折には気を付けます。

この世にはいないけど。Σ(・ω・ノ)ノ

日食



unbobo_boy at 19:20│Comments(0)写真&カメラ | 家族

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
↓ 管理人です ↓
     UNBOBO



サブタイトル
【老健で闘う介護人】

    三児の父です。

上の絵は次男が(当時3才4ヶ月)が 筆ペンで書いた顔です。
優しさ溢れてます。
神懸かってます。

老人保健施設で介護士をしています。変わることなく闘っていきたいと思います。

頂いたコメントです
チューナー