学P。

学級PTAの略である。

しかし、今年になって大変なことに気付いた。

とある学年の学Pの通知プリントの表記が、「学年PTA」となっていたのである。

そう、学級PTAじゃなくて、学年PTAなのだ。

なぜならば、全校生徒が50名にも満たない、1学年1クラスの小学校なのだから、「学級PTA」=「学年PTA」なのである。

言われてみれば、であった。

そもそも、この学Pは自分自身が小学生の頃もあったが、「親子で一緒に何かする行事」という扱い。

そもそもPTAという意味からすると、学級PTAがそれであることに違和感はあるが、まぁその辺はどうでもいいのである。子供らが楽しめる行事ごとであるならば。

ほんで、地元小学校の1年生の学Pは同級生の自宅をお互いに紹介して回り、昼には親子で給食を共にするというパターンが定着している。

gakuP_001


1件目はうちから。
gakuP_002

娘が問題を出しています。
gakuP_003

順番に同級生の家を巡っていきます。
gakuP_004


gakuP_005

gakuP_006

gakuP_007

gakuP_008

gakuP_009

その後、学校へ帰り、親子で給食です。

gakuP_010

gakuP_011

gakuP_012

gakuP_013

さらに、その後は運動場で一輪車の練習です。
gakuP_014

gakuP_015

次男も休み時間でやってきました。
gakuP_016