宵刊 うんぼぼ

・・・・・・・・・・・・・・ http://unbobo.livedoor.biz/ ・・・・・・・・・・・・・・

家電

3D VIERA 届く。

エコポイントの満額を求めて駆け込み需要が増している家電製品ですが、先月、うちのリビング用にテレビが届きました。

この駆け込み需要前の注文だったので安い時期でした。比較すると現在は4万円近く値上がりしています。危ない危ない。

選んだのはPanasonic 3D VIERA の「TH-P42VT2」です。もちろんプラズマテレビです。

もう一回。

“もちろん”プラズマテレビです。

TH-P42VT2_002


先日購入のSONYのBRAVIA 40インチより箱は大きいですね。2インチの差よりも液晶とプラズマの差でしょうか。
TH-P42VT2_001


さて、地デジ化までいとこから貰ったSONYのブラウン管で頑張ってきましたが、ようやくおさらばとなります。
ブラウン管、めっちゃ重いし
TH-P42VT2_003


背面の端子はこんな感じで、3in1のレコーダーとようやくHDMIで接続出来ました。HDMI1がARC対応なので今後AVアンプの買い替えで有効に使えそうです。
TH-P42VT2_006


仮設置でチャンネル受信設定。
TH-P42VT2_004


無事に映りました。
TH-P42VT2_005


以前にも書きましたが、既存のテレビアンテナにVHFブースターが付いている為、共聴であるCATV電波が弱まるという(電気屋の友人談)ことで、NHKの2つのチャンネル(教育と総合)と、日テレ系の読売テレビ、ローカルのサンテレビの4つしか地デジは映りません。BS/CSは問題ないですが、しばらくアナログと併用です。

これでダイニング以外のテレビはとりあえず地デジ化完了なので近々宅内工事を依頼する予定です。
TH-P42VT2_011

ちなみに、写真のテレビ台はかなり年季が入っています。20年くらい使ってます。ホームシアター設置した時、BOSEのセットを買ったんですが、ウーファーを収めるために、買い替えが出来ないのです(汗)。

リビングのテレビコーナーには108cmの凹みがあり、42インチが一杯一杯なのです。過去に使っていた42インチのプラズマは102cmでしたが、今回のVIERAは103.9cmなので、さらに余裕がありません。
しかし、驚いたことに、今のプラズマは発熱がめちゃめちゃ少ない。多少覚悟していましたが、あのクソ東芝のプラズマ42P3000はすごい発熱でした。おかげさまで、放熱対策は無用となりました。


3Dメガネが1つ付いています。SONYは2つ付属ですが。
TH-P42VT2_013


3Dなんて、別に要らないじゃん、と結構思う人多いですよね。ちょっと見てみたいけど買うまでは・・・、とか電気屋で見たからいいや、って人も。

僕も遠からずですが、こういう技術的な体感をすることは大好きです。まだ3Dのブルーレイタイトルもとても少ないですし。

しかし、Panasonicの3D製品(対象あり)を購入した方には、来年発売の「アバター3D版」が先行して、しかもタダで、しかもしかも「アイスエイジ3」と(おまけの)「石川遼くんの3Dブルーレイ」が貰えるのです。
Panasonic3Dキャンペーン


通常版のアバターは見ましたが、あの世界の奥行き感が3Dで見れるとなると、めちゃくちゃ期待出来ます。あぁ楽しみ。11月中旬頃から順次発送するらしいので、もう少しの辛抱。

買うつもりだったので、ラッキーですが、今やDVDでは追加映像の完全版が発売されているので、この3D版の中身が気になるところ。

アイスエイジ3は持ってるし…。

今の3Dは飛び出てくるだけでなく奥行きがあるんだねぇ。技術的には手前に飛び出すより奥行きを出す方が難しいとどこかで読んだことあるけども、サンプル映像を一通り見た感じでは、人間の同一視点、つまりサッカーなどで俯瞰視点ではなく、グラウンドに立ったカメラマンからの映像とかだと非常に自然な3Dで見れて、「ほっほー。」と感心してしまう。

それ以外は結構不自然だったり、強調し過ぎて見にくかったりするけど、実写よりも効果的なのが、CGだったりする訳。つまりCGによるアバターなんかがそうだし、ほかにもアニメやゲームもそう。

えっ? 3Dを再生出来るんかって?

出来ませんよ。

レコーダーもプレーヤーもありませんから!!

それは後日。

テレビ用パーツ。

こんばんは。今日のAmazonです。いい加減に佐川急便さんに怒られそうな勢いでAmazonを利用しています。

さて、今回はテレビ接続用にパーツを購入しました。代理購入ですけど。
分波器1


分波器とアンテナケーブルです。なぜ箱にリチウムのシールが貼られていたのかは分かりません。
分波器2


家にある余ったケーブルに端の端子で繋げて作ろうかと思ったんですが、ホームセンターで金具を買うよりも、Amazonで成型済みのアンテナケーブルを買ったほうが随分安かったりするんですよ。

今回は50cmの分波器と1mのアンテナケーブル2ケです。
分波器3



それと、ついでにもう一丁。
HDMI1


HDMIケーブル(最新1.4a規格)です。
HDMI3


長さは2m。プラズマテレビとブルーレイレコーダーとの接続用ですが、1mでも良かったんですが、2mにしときました。
HDMI2


1.4a規格というのは、3D対応で、映像も音声も1本でいけます。
HDMI4


ケーブルの質感もなかなか良いです。
HDMI5

液晶テレビ。

先日、長男が言いました。

「お父さん、あっち(離れ)のテレビ変えたら?」

「ん?」

そう。離れのテレビはベスト電器で買った1万円もしない14インチのブラウン管テレビ。2001年製。リモコンがヘタってボタンによっては利きが悪い以外はいたって快調に動いている。

しかし、あまりにも小さいわな。子供たちも文句も言わずに、録画したビデオ(ワンピースとかドラゴンボールとか)や、しまじろうのDVDとかを見てきた。

「26インチくらいの液晶でいいかなぁ」とは結構前に思っていた。




届きました。薄いですね。

BRAVIA-KDL-40EX500_1



SONYの「BRAVIA KDL-40EX500」です。
一応ですね、型番にある通り、40インチです。
BRAVIA-KDL-40EX500_2


よく見ると、「ご不在でしたので、置いておきます。」という配達屋さんの文字・・・。
BRAVIA-KDL-40EX500_3



「うんぼぼさんよ。アンタ、いつもプラズマ、プラズマって言ってるじゃんか。」
とお叱りの声が聞こえてきそうですが、離れに置くテレビですし、いずれリビングに置く分はプラズマにします。

いえね、このソニーの40インチ液晶テレビ。安いんですよ。今年の2月に発売された現行品で、HDMIとか倍速とかは普通に付いていますし、スペック書くのが面倒なので、気になる方はネットで見てもらったら良いのですが、なぜこんなに安いのか分からんのですけど、68,000円です。しかも、40インチなのでエコポイントが23,000点なので、実質45,000円なのです。

無駄に安い東芝のテレビなんぞ買う前に、こういうテレビを選んで下さい。

というか、東芝だけは買わないで下さい。壊れるし、サポート最悪だし、だから安いんだし。

まぁ、ソニーも「ソニータイマー」がありますけど。

ちなみに、地デジの電波は既に来ていますが、宅内の切り替えをしていない為、残念ながら、地デジ電波は極弱で、ローカルのサンテレビしか映りません。あのNHKですら映りません。離れなので。

まぁ、まだ今のところは良いです。

BSを測ってみました。十分な電波が来ております。

BRAVIA-KDL-40EX500_5


チャンネルスキャンで受信確認。
BRAVIA-KDL-40EX500_4


BSとかは全く問題ありません。
BRAVIA-KDL-40EX500_6



パソコンの画面を映すとこんな感じです。
BRAVIA-KDL-40EX500_10



これはDVD。今まで、コンポジット接続でも全く問題なかった14インチのテレビでしたが、テレビを変えると欲が出ます。
ブルーレイの再生環境が欲しいですね。
今はまだパソコンのみなので。
BRAVIA-KDL-40EX500_7


ちなみに映像はワンピースの昨年の映画「ストロングワールド」です。
BRAVIA-KDL-40EX500_8


悪者、金獅子のシキ。
BRAVIA-KDL-40EX500_9

頂いたコメントです
↓ 最新記事へ ↓
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数

     月別アーカイブ
       記事検索
    • ライブドアブログ