クラシックギター

2011年06月24日

クラシックギターの弦交換。

さて、少し前から気になっていたクラシックギターの弦を、長渕剛のDVDを見ながら交換いたします。

さすがに音の出が悪くなっていました。

「アルハンブラの思い出」も、覚えてたとこも忘れかけ・・・。
クラシックギター弦交換2


ネック側も痛んできてます。

クラシックギター弦交換3

夜勤明けで楽器屋さんに行って弦を買ってきました。

ダダリオの弦で2,100円が980円でした。
クラシックギター弦交換4

埃も溜まってしまいます。楽器用ワックスでフキフキ。

それにしても、クラシック弦って、しばらくはチューニングがなかなか安定しない。

金属弦と違って、伸びちゃうんですな。

クラシックギター弦交換5





unbobo_boy at 23:51|PermalinkComments(0)

2008年04月06日

弦交換。

母屋のリビングにぶら下げているクラシックギターの腐りきった弦を交換するため、楽器屋に行き、クラシック弦を買ってきました。以前まとめ買いした弦は使ってしまったので。

弦交換1


写真では解かりにくいですが、うっすらとサビがきてます。
弦交換2

2フレットは変色してきたり。
弦交換3

スチール弦と違って、はさみでもブチブチ切れます。
弦交換4


YAMAHAのクラシックギター用の弦、945円のやつ。前は600円くらいのヤツがあった気がしたのですが、お得意の勘違いなのか、下から2番目に安いヤツにしました。手持ちが寂しかったので。
弦交換5


弦の端が邪魔にならないように始末する。
弦交換6

unbobo_boy at 23:19|PermalinkComments(4)

2007年01月31日

村治佳織リサイタル[動画]5

本日18:30より、和田山ジュピターホール村治佳織さんのギターリサイタルがあり、行ってきました。
初めてです。ちょっと緊張します。
チケットを買いに行った時は、雪の中を見に来る自分の姿を想像していましたが、この冬の異常さと来たら。全然雪なんて降りませんがな。いかさま良い天気。でも明日から3日ほど雪が降ると天気予報で言っている

18:00に会場でホールに入り、前売り券にて会場入り。

席は「し−18」です。
村治佳織ホール席

席からみた会場はこんな感じです。ど真ん中です。
し−18席

さて、まだ少し時間がある。ボーっとしてたら重要な事に気付いた。眼鏡忘れた。
一度会場から出て、チケットの裏にハンコを貰って駐車場へ。そして再び会場へ。
おや、なんか売ってる。CDとDVD。
「サイン会がありま〜す。」という言葉に釣られ、昨年10月発売されたCD村治佳織/ライア&ソネットを購入。

席に戻ると、結構観客が入ってる。椅子と椅子の感覚が狭く、列の中央なので、座ってる人に立ってもらって自分の席へ。
僕の席の左隣は小学生の女の子でした。「し−17」ね。その真後ろに母親らしき人。親子で横並びじゃなくて、前後で座ってる〜。多分、お母さんは前が娘だと頭が邪魔にならないからだと思う。その女の子は演奏中に指を動かしていたから、多分クラシックギターを習ってるのかなぁ。うちの息子はしないかなぁ。

そうこうするうちに開演時間。赤と黒のドレスで、ギター片手にステージへ村治佳織が登場した。
「(おぉ、本物だ。すげぇ。)」と我が脳内。
皆拍手で迎える。
右隣に座っていた僕より若い青年。「し−19」ね。拍手の時の手の高さが違う。手元で叩く僕より20僂蝋發ぁ「熱烈なファンか?」と思いつつ、早速演奏が始まった。マイクで拾ったりはしない。ほど良い大きさの会場には、ギター1本のみで充分に響き渡る楽器の音量。安物ギターとは訳が違う。恐らく本物のJR-200 J.L.ロマニーリョス・スタイル。

(↓当日の写真ではありません。イメージです。)
村治佳織イメージ

数曲演奏された所で、アルハンブラの想い出


も演奏され、これだけで「元とった」感じがした〜。

15分の休憩が入り、トイレに行って帰ってくると、ステージには先ほど無かった小さいテーブルが。マイクが乗っていた。
白いドレスに着替えた村治佳織はマイクを持って本日初のMCへ。

そして予定された全ての演奏が終わり、ステージから消えた村治佳織は、観客の拍手により、再びステージへ。

深々と挨拶し、またステージから消えた。

鳴り止まない拍手に再び現れ、椅子に腰掛ける。
マイクを持ち、「ありがとうございます。それではアンコールで・・・、禁じられた遊びを演奏したいと思います。」

(えっ?マジで?)」と驚いてしまいました。

村治佳織本人も「この曲はデビューした当時は意識して弾かなかった曲です。」と言ってました。
クラシックギターの曲としてはあまりにも有名過ぎ、王道、典型・・・。それを目の前で村治佳織が演奏するとは

「(来た甲斐があった

『禁じられた遊び』が演奏されると、右隣の青年は体を前傾にして聞き入ってました。
曲としては短いほう。あっという間に演奏し終わり、舞台袖に消えてしまった村治佳織。リサイタルならではだねぇ(*´ー`) 。

更なる拍手で再びアンコール。
曲目はタンゴ・アン・スカイ。


各曲目の演奏を終えると、ニヤリと笑って天井を仰ぎ、弦を弾いてた右手を下にダラリと垂らす姿が実に印象的でした。

閉演し、外に出るとサイン会の列が出来ている。
時間は20:45頃。18:30開演からそれほど時間がたったとは思えないほどあっという間でした。

買ったCDのディスク面にサインを貰いました。
(おぉ、目の前に村治佳織がいる)

村治佳織に「ありがとうございました。」とお礼を言われ、「(なんのなんの)」って感じで帰途につきました。和田山のミニストップによって、パンとおにぎりを買い、家に着いたのは21:40頃でしたか。
ミニストップ

記念撮影。
村治佳織サイン1
村治佳織サイン2

以下は演奏曲目。
○ソル
・モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲 作品9
○トラバ
・ソナチネ 汽▲譽哀譽奪函´競▲鵐瀬鵐董´轡▲譽哀
○タレガ(タルレガ)
・アラビア風奇想曲
・アルハンブラの思い出
・ヴェニスの謝肉祭の主題による変奏曲

     《休   憩》

○ドビュッシー/デ・ラ・マーサ
・月の光
○ラヴェル/ディアンス
・亡き女王のためのパヴァーヌ
○ディアンス
・サウダージ第3番
○ポンセ
・エストレリータ
○ヴィラ=ロボス
・カデンツァ
・5つの前奏曲〜第3番・第5番・第1番

《アンコール》
○作曲者不詳
・禁じられた遊び「愛のロマンス」

《アンコール》
○ディアンス
・タンゴアンスカイ

↑(村治佳織本人の演奏ではありません。名誉のために。)

↓これは村治佳織本人です。(いつのか不明)

満里奈カンペ見るなよ・・・( ̄_ ̄|||)。

あぁ、ギターの練習がしてぇo(><)O O(><)o バタバタ
時間が無ぇ。

unbobo_boy at 23:41|PermalinkComments(0)

2007年01月30日

明日は村治佳織・・・。5

いよいよ明日、1月31日に、和田山ジュピターホールで、クラシックギターリスト村治佳織のリサイタルがあり、鑑賞してきます。

クラシックギター自体がそれほど一般的では無いので、お客の入りが気になるところですが・・・。









unbobo_boy at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月27日

ギターフック取り付け5

今日は休みです

リビングにギターのフックをつけました。

勿論、子供達が勝手に触らないように。

ボードの裏にコンパネがあったのでドライバーでは揉めず、面倒でしたがドリルで3mmの下穴を開け、ドライバーで取り付けました。





んー。お店みたい。

unbobo_boy at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月24日

ギターが届きました

お待ちかねのギター開封ですよ。





















ざっと弾いてみたけど、この前壊れたギターはホントにおもちゃみたいなモノで、でも昔と違って最近の楽器は安くてもよく出来ています。ネックもしっかりクラシックギターでしたし、比べてみると弾きやすかったです。指板も幅があり、厚さも違います。
音は値段相応でしたが。(- .-)ヾ ポリポリ



unbobo_boy at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月23日

村治佳織 チケット

今日、和田山ジュピターホールに行って、村治佳織さんのチケットを買ってきました

途中小学校に寄ってウサギの餌やり・・・。









11月7日に発売してて、この前知ったとこで、今日が23日だから、空き具合を電話で尋ねたら、「まだ前から12〜13列目から空いてますよ」との事で子供達を連れて出かけました。受付に行って、
続きを読む

unbobo_boy at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月19日

ギターが欲しい3

来年の1月に比較的近くで村治佳織のリサイタルがあります。いわずと知れたクラシックギター奏者です。
   あぁどうしたものか・・・(´Д`)と悶々。

練習する暇もないくせに、
  「はぁギター欲すいなぁ(´Д`)」と悶々。





JR-200 J.L.ロマニーリョス・スタイル
1932年スペイン・マドリード生まれ。名手ジュリアン・ブリームが1973年作のギターを愛用したこからその名前が世界的に知られることとなり、近年では村治佳織が愛用していることでも知られている。

 表板:松単板
 裏・側板:ローズウッド単板
 指板:エボニー 
 塗装:ラッカー(フレンチポリッシュ)

  20万円也・・・。 (ー_ー;)フウ

unbobo_boy at 23:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年11月09日

ギター1本 逝く o(ToT)o

今日は休み。いつもリビングに置いているおんぼろクラシックギターの弦を変えようと思いつき、そそくさと準備。

この怪しいまでに黄色いギター。以前に親戚から捨てられる所を、My Motherが貰ってきたものを、糸巻きを新品に交換し使っていた。



続きを読む

unbobo_boy at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
↓ 管理人です ↓
     UNBOBO



サブタイトル
【老健で闘う介護人】

    三児の父です。

上の絵は次男が(当時3才4ヶ月)が 筆ペンで書いた顔です。
優しさ溢れてます。
神懸かってます。

老人保健施設で介護士をしています。変わることなく闘っていきたいと思います。

頂いたコメントです
チューナー