宵刊 うんぼぼ

・・・・・・・・・・・・・・ http://unbobo.livedoor.biz/ ・・・・・・・・・・・・・・

プール当番

プール当番。

今日は夏休みのプール当番の日でした。本当は別の日でしたが勤務のために変わって貰いました。

昨夜から雨が降り出し、“残念ながらプールは中止”だろうと思っていましたが、“嬉しい事に”晴れてしまいました。

プール当番1


監視員は保護者3人。

13時30分。グラウンドに子供たちを整列させて、体操。

学校の真向かいにあるプールへ移動。


更衣室で着替えを済ませた子どもたちは一様に、「入ってええか?」の連呼。

「まぁ待て。話がある。」

「ようし、揃ったか。ええか。決まり事を守らんとすぐに(プールから)上げるぞ。それと小さい子を深いとこに連れていったり、ふざけて危ないこともするなよ。分かったら入りなさい。」

プール当番2


15分の入水が3回。間に10分の休憩を入れます。
35歳のダンディに向かって“おっちゃん”ですよ。まだ気持ちは高校生なんですけど。

1回目の休憩中。毎年の事ながら、子供たちはプールの袖の黄色い所に座り、水遊びしながら待っている。しかしながら、必ず余計なことをする。
帽子をプールに放り投げたりするのである。今日は何人かがビート板をプール内に放ったりしていた。

なので、2回目の休憩では、プールの袖よりも控えた、おそらく本来の休憩スペースであろう緑の敷物のある所に待機させた。
プール当番3


子供たちはプールに入りたいので、休憩中はしょっちゅう「おっちん、あと何分?」の連呼である。そんな子供たちなので、「あと1分」とか言うと秒読み開始ですよ。
「58、59、60。」と秒読み終了すると勝手にプールに入るかなと、様子見していると、皆がこっちを向いて“おっちゃん”の確認をしてきた。

僕「勝手に入るかと思ったわ。入ってよし。」

帽子もゴーグルも付けて入ることになっているのに、それをプールに放るという事は、プールには入れないという事になるのだけども、子供たちは大体お構いなしである。

僕が小学生の頃からプールは変わっておらず、プール内の塗装もはげ、底が灰色なので、肌の焼けた子供たちが潜っていても非常に分かりづらい。
監視中も何度も子供の人数を数えていた。

宝くじでも当たったら新しいプールを寄付するところだけども、まぁ買いもしないので当たる訳もなく。

とりあえずはプールの塗装をやり替えて貰いたい。

プール当番(2回目)。

今日は夜勤明けでありながら、午後からは今年2回目のプール当番を控えていた。帰宅後、速攻で仮眠しなくてはならない所だが、欲しいギタースコアがあり、退勤後、本屋に向かった。しかし、お目当ての歌手のスコアが全く無かった。ありえない。


誰かって?

長渕先生ですよ。嫁は嫌いですけど。



仕方ない。楽器店に向かった。そして書籍コーナーを見るが、またしても全く無い。ありえない。

でも仕方ない。帰ってネットで検索してみる。

無い。っていうか、廃版・絶版のオンパレード。中古本でさえプレミア価格。



『@ELISE』で買うかな。




━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

あ、完全に話がそれました。プール当番の話でした。

家に帰ってご飯を食べながら、雲行きが怪しくなってきて、雨降らないかなぁ、って思ってたら、ザップリ降ってきました。

「プール中止。」の電話が入る。

ナイス。ゆっくり寝れました。ヾ(´ω`=´ω`)ノ

プール当番。

今年もこの時期がやって参りました。今日はプール当番でした。

夏休み入ってのプール初日。午前中子供たちはプール教室で泳いでいながら、元気に午後からのプールにも多勢やってきた。

小学校に着いた僕は致命的な忘れものをした。汗拭きタオルを忘れてしまった。お茶は持ってきたのだが。

プール当番1


 最後のプール入水中、プールの入り口付近に見知らぬ人が立って、こっちに会釈してくる。誰かの迎えにでも来たのかとプールを挟んで向かい側にいた僕は、プールをグルッと回ってその人の立っていた入り口に向かって、道路に顔を出した。
 しかしその人はおらず、違うフェンスの方に移動していた。意味不明で観察していたが、他のプール当番の人に聞いたら、最近出没する若者らしい。

フェンス越しに声を掛けた。っていうか向こうから掛けてきた。

若者「何年生がいるんですか?」

僕「ヘ?」

(200%怪しい。)

若者「何年生がいるんですか?」

僕「いや、全学年だけど。」

若者「1年生の帽子は何色ですか?」と再び聞いてきた。

僕はあまりの怪しさにまともに答えるのを躊躇した。

僕「いや、よう分からんけど。何?」

挙動がおかしい。

再びプール入り口に来た。

僕「何か用事か?どこから来た?」

若者「○○町。」

僕「○○町のどこ?」

若者「○○町の○○。」と町名を繰り返してきた。

既にイラッと来ている。

僕「だから、○○のどこだ!!」

若者「・・・。△△△です。」

僕「(近いな。)おぉ、そうか。中学生か?」

若者「いえ、高校生です。」となぜかグッと親指を立ててくる。

僕「( ・Д・)・・・。どこの高校だ?」

若者「■■です。」

僕「( ・Д・)(同じだ・・・。)で?何か用か?」

若者「いえ、別に。」

と言いながらプールに入ろうとしてきた。

僕「おい、入るなや。(`□´)」

若者「((( ;゚д゚))) あっ、すいません!!」

そんなやり取りがあり、更衣を終えた子供たちが出入り口に集まってきた。一応危険を避けるため、その若者と子供たちを遮る様に立ち位置を確保する。

子供たちも、「あれ誰?」と不安がっている。この時点でかなりイラついてきた。

さらに、子供たちを校門から校庭に誘導し、整列させようとしている所、その若者は校門付近をウロウロしている。そして校庭に入ろうとする素振りを見せる。

僕「ちょっと。今整列させとるから、邪魔せんといて。」

若者「すいません。」とまたグッと親指を立ててくる。

親指を立てる意味を分かっているのか。
グッドジョブとでも言いたそうだ。

プールカードも配り終え、区ごとに帰らせようとしている所、若者が校門から入ってこようとした。

何度も注意しているのに分からないようだ。子供たちが不安がるだろ。

僕「(`Д´) おい。帰れや!!」

若者「(血相を変えて)ハッ。すみません。すみません。」とグッと親指を立ててくる。

僕「( ̄▽ ̄;)!!・・・・。」

【↓若者↓】
プール当番2


解散し、子供たちを見送っていると自転車にまたがった若者がやってきた。

若者「さっきはすいませんでした。」

僕「あぁ。」

若者「さっきはすいませんでしたぁ。」
とグッと親指を立てて消え去った。

僕「( ̄▽ ̄;)!!・・・・。」

すぐ側にいた長男は、「なんであの人親指立ててるの?」


僕「・・・・。なんでだろうなぁ。」
頂いたコメントです
↓ 最新記事へ ↓
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数

     月別アーカイブ
       記事検索
    • ライブドアブログ