ボクシング

2012年12月06日

亀田興毅WBA王座統一。

12月4日。亀田興毅WBA王座統一戦がありました。この日は職場の会議があり、司会兼書記だったので、朝から「30分で終えるから。」と宣言。

宣言通り、速攻で会議を終わらせ(特に議案も無かったし)、帰宅。

19時前からテレビの前に鎮座。

亀田の相手は暫定王者にして31勝28KO1敗、176センチの長身という強豪ウーゴ・ルイス(メキシコ)。KO率が90%以上という戦績で、よほど強いと思われたが、試合前のプロフィールビデオを見てると、KOシーンが相手の顎をかすめるアッパーによる脳震盪っぽく見えた。

実際に試合を見るが、亀田に動きを封じられていたのか、思っていたほどの強さも感じず、何度か亀田がラッシュを浴びせるなどして判定に持ち込まれ、2−1で亀田5度目の防衛成功となりました。

DVC00613


続きを読む

unbobo_boy at 22:58|PermalinkComments(0)

2009年11月29日

亀田興毅2階級制覇。

ボクシングのWBC世界タイトルマッチがさいたまスーパーアリーナで行われた。
王者:内藤大助VS亀田興毅の試合が行われた。

ということで、今日を楽しみにしておりました。

亀田VS内藤1


結果は、同級3位の挑戦者、亀田興毅(亀田家の長男)が
チャンピオン内藤大助を3−0の判定で下し、新チャンピオンになった。
亀田VS内藤2


皆さんご存じのように、亀田家と王者内藤選手とは因縁の対決であり、大注目された試合だったはず。

試合の感じは終始、亀田に余裕が感じられた。あまりラッシュの場面がなく、つまらない試合といえば二人の選手に悪いのだが、打ち合いの試合とは言えなかった気がする。
亀田VS内藤3


ファイトマネーは内藤選手が1億円、亀田が5千万円ということだが、破格らしい。辰吉VS薬師寺は特別というか特殊で、ファイトマネーはもっともっと高かったわけだが、亀田家にとってはお金よりも勝利がさぞうれしかったであろうと思う。
亀田VS内藤4



亀田VS内藤5


亀田VS内藤6


試合半ばからチャンピオンの内藤選手の顔が変わってきた。解説の人は「鼻、折れてるでしょうね」とか言ってて、見てて痛い痛い。奥さんも見ていられなかったんじゃないかと、試合を見ながらヒヤヒヤしていた。
明日には大変なことになってるんだろうけど、早く治療してもらいたい。
もうしてるか
亀田VS内藤7


多くの日本人が内藤選手を応援していたと思う。僕は前から亀田家を応援していたのだが、内藤選手を知ったのは亀田家より後で、これまでの生い立ちを聞いていると確かに応援してあげたくなる人物である。
亀田VS内藤8


個人的には亀田家が勝って、ヤレヤレ感はあるのだけども、やはりもう少し紳士になって貰いたいな、と思った。内藤選手を称えてあげて貰いたかったな。
亀田VS内藤9


なにはともあれ、お疲れさまでした。

二人ともゆっくり休んでください。

unbobo_boy at 22:42|PermalinkComments(20)

2008年12月23日

忘れてた。1

20:45。子供たちのビデオタイムでヤッターマンが終了して、チャンネルをガチャガチャ(?)変えると、内藤大助が画面に映った。

「ぐわぁ!!(`□´/)/ 忘れとったぁ!!」

ここで少し長男焦る。(=゜エ゜=)

僕「見ようと思っとったのにぃ。(ノ◇≦。) 」

長男(=゜エ゜=)
「でも、この人が勝ったって分かって良かったやん。」

僕「(´;ω;`)

そう、WBC世界フライ級タイトルマッチ4度目の防衛に挑む王者・内藤大助挑戦者・山口真吾11R1分11秒でTKO勝ちし4度目の防衛を達成したのだ。

直後、KOした11Rをリプレイ放送。両者殴り合いのなかなか良さげな試合。

今日は職場でプロレスが好きだと話されていた入所者さんに「今日はボクシングがあるよ」と話してたばかりなのに。

とんだ大失態だった。

unbobo_boy at 22:48|PermalinkComments(3)

2008年11月23日

マイクタイソン。

昨日、DVD「ベストオブマイクタイソン」が届きました。
v( ̄∇ ̄)v

ベストオブマイクタイソン


あさっての休みにでも見るとして、ハァ忙しい忙しい。

本当はもう一つ待っている荷物があるんだけども、それはやっぱり明日のようだ。速達で頼んだんだが。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

喪中ハガキを出す準備をしているのですが、訳あって住所録を新規から入力しました。(ノ◇≦。) ビェーン!!
ちなみに今使っているソフトは筆王です。昔は筆まめを使っていましたが、あまりの重さにやめました。

100件以上の入力で、意外と時間が掛かって疲れました。


unbobo_boy at 23:59|PermalinkComments(0)

2008年10月26日

辰吉丈一郎。

元WBC世界バンタム級チャンピオンの辰吉丈一郎が、タイで再起戦を果たした。
辰吉はすごく飛行機が嫌いだと過去に話していた。そんな彼がボクシングをやる為に海外に行ったのは今回が初めてではない。

今日の試合に応援のため駆けつけていた辰吉の友人でもある布袋のブログによると、辰吉は2回TKO勝ちを納めたようだ。

20081026辰吉再起戦2回TKO勝ち


ring


立派だ。

そういえば、職場の者が、今日薬師寺保栄を見に行くと言っていたな。






unbobo_boy at 23:59|PermalinkComments(4)

2008年10月16日

ボクシング。

帰宅後、テレビ番組表を見ると、WBCのダブル世界戦が放送されるのを発見。19時から2時間。風呂上りに子供らがビデオを見る時間と被ってしまう。母屋のDVDレコーダーに録画してもいいのだが、いつもの席で観たいので便利が悪い。ビデオ予約を躊躇し、子供たちを風呂に入れ、2階に上がる。

19時20分、遅ればせながらボクシングを録画し始める。

すると、「お父さん、ゴーオンジャー。」と長男から指令が下る。

「父ちゃん、ビデオ録ってるんだよ。」

と言い、DVDプレーヤーで「ポ○○」を再生。

「うわぁ、なんであるん?」と長男釘付け。その間に録画を確保したのだ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

さて、いつものようにノートPCの電源を入れ、作業に入るのだが、間違ってもネットニュースなどの速報に載っているであろう「結果」は見てはいけない。



「長谷川穂積V7、粟生は敗れる」

(; ̄Д ̄)「(見てしまった・・・。)」

注意してたのに、無意識に目が探していたのだろう。最悪である。

仕方なく、録画していた試合を再生する。

粟生(あおう)隆寛選手の4Rからだった。結果だけとは裏腹にとてもいい試合。ナイスガッツである。勝ってたかもしれないのだ。

その後の、長谷川穂積選手の試合だが、すでに「V7」を知ってしまった故に熱もいささか下がってしまったが、あっけなく2RでTKO。強い。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

試合が早く終わってしまったので、ボクシング名試合集として、1990年2月11日のマイク・タイソンとジェームス・バスター・ダグラス戦が放送された。軽く編集してはあるが、あのマイク・タイソンのプロにおける初のダウンにして初の負け試合。10RKO負け。WBA・WBC・IBF世界ヘビー級王座 陥落である。

90年と言えば、僕は15歳である。懐かしい。テレビを見ながら「負け」に驚いたものだ。

そういえば、以前マイク・タイソン(本名:マイケル・ジェラルド・タイソン現42歳)のビデオがないかと探した事があるが、あるにはあったが、購入まではいかなかった。

でも気になってAmazonを検索すると、「ベスト・オブ・マイク・タイソン KOスペシャル」が11月21日に発売されるという。
24%引きの6,224円で、5時間半のボリュームがあるらしい。

ベスト・オブ・マイク・タイソン KOスペシャル


という事で、即買い(予約)しました。m9(^Д^)プギャー!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【収録内容】
★ディスク1 (149分)
1.ヘクター・メルセデス 1R TKO 85/3/6
2. トレント・シングルトン 1R TKO 4/10
3. リッキー・スペイン 1R TKO 6/20
4. ジョン・アンダーソン 2R TKO 7/11
5. マイケル・ジョンソン 1R KO 9/5
6. ドニー・ロング 1R KO 10/9
7. ロバート・コレイ 1R KO 10/25
8. スターリング・ベンジャミン 1R TKO 11/1
9. エディ・リチャードソン 1R KO 11/13
10. サミー・スカフ 1R TKO 12/6
11. マーク・ヤング 1R TKO 12/27
12. マイク・ジェームソン 5R TKO 86/1/24
13. ジェシー・ファガーソン 6R TKO 2/16
14. スティーブ・ゾウスキー 6R TKO 3/10
15. ジェームス・ティリス 10R判定 5/3

★ディスク2 (131分)
16.トレバー・バービック 2R TKO 86/11/22
   WBC世界ヘビー級王座 獲得
17.ラリー・ホームズ 4R TKO 88/1/22
18.マイケル・スピンクス 1R KO 88/6/27
19.フランク・ブルーノ 5R TKO 89/2/25
20.ジェームス・バスター・ダグラス 10R KO 90/2/11
   WBA・WBC・IBF世界ヘビー級王座 陥落

【映像特典】
●「マイク・タイソン インタビュー集」 (50分)
“10 Rounds with Tyson The Interviews”
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


unbobo_boy at 23:59|PermalinkComments(2)

2007年10月12日

Youtube。1

TBS必死です。

Youtubeコメント

関連動画、軒並み削除されてます。

夜中アップして今日帰宅して見ると、既に公開停止ながら十何万人もの方が閲覧していた。
内藤大助VS亀田大毅の注目の高さがうかがえた。


一夜明けて亀田大毅。

「今回は完敗やった。」

んー、詫びた方がいいかと。

unbobo_boy at 23:59|PermalinkComments(0)

2007年10月11日

亀田初黒星。[動画]

動画更新
いやぁ、終わっちゃったなぁ。亀田大毅。負けちゃったかぁ。まぁ本来は兄貴が出るところを記録狙って大毅に出場させた経緯もありつつ、そしていつも通りの世の中を敵に回すパフォーマンスで今夜の試合も大いに盛り上がった訳だ。

しかし、相撲みたいな試合だったなぁ。見ててつまらなかった。

亀田うっちゃり

亀田うっちゃり2
続きを読む

unbobo_boy at 22:24|PermalinkComments(2)

切腹試合。5

内藤大助vs.亀田大毅の試合がもうすぐ始まります。
亀田大毅は負けたら切腹するらしいです。
えらい事言ったもんだ。

内藤大助vs.亀田大毅

勝った後のピアノの弾き語りの練習も欠かしてないみたいだから、まさか負けないと思うけど、応援している。そして記録を打ち立ててくれ。

unbobo_boy at 17:17|PermalinkComments(5)
↓ 管理人です ↓
     UNBOBO



サブタイトル
【老健で闘う介護人】

    三児の父です。

上の絵は次男が(当時3才4ヶ月)が 筆ペンで書いた顔です。
優しさ溢れてます。
神懸かってます。

老人保健施設で介護士をしています。変わることなく闘っていきたいと思います。

頂いたコメントです
チューナー