特養

2011年07月12日

おおぞらさんへ。

先日、おおぞらさんからコメントを頂きました。最近パソコンに向かう時間が取れずに遅くなりましたが、ながくなりそうだったので記事としてアップしました。

おおぞらさん。ご無沙汰です。訪問頂きありがとうございます。大変遅くなりました。今年は受けた役が多くて、より自分の時間を削りながら、元気に過ごしております。

さて、コメント頂いた件ですが、いつもおおぞらさんの考えには首を縦に大きく振っております。おおぞらさんのような職員が数人居てくれたら随分違ってくるだろうなと思いつつ

まず、現場を知らない人間が介入してくるのは困りものですよね。施設長については管理責任がありますから、何か大きな問題が起きたときには社会的責任は免れません。ですから、考えや発言には本人の意識とは関係なく責任がついてきますが、運営者気取りの中間管理職員が偉そうに自分にあると勘違いする権力を誇示するために職員を集めて持論を一方的に喋る決起集会を始めたり、自分の気に入らない職員を攻撃するために嫌がらせをしたり、自分の権利は主張するが、他職員の権利は認めないとか、挙げればきりがありませんが、そういう腐った癌のような存在の人間もいますからね。そういう者に介護保険から給料が出ていると思うと、この世の終わりのような思いがします。そういう輩が存在するようであれば、正義のため断固闘っていきます

まず介護職員の意識の問題ですが、一つの要因に、閉鎖的な空間である、という事が挙げられると思います。そしてそれはおそらく全国共通の要因で、ほぼ一概にして言えてしまう事だとも思います。それは例えば言葉遣いなどに顕著に現れるのだろうと思います。情報収集の重要性は明らかですが、看護師さんから聞くには、今の病院は情報収集を個人の責任として出勤を早めることを暗に強制している所もあるようで、福祉施設に比べると随分と縦社会な職場のようですし、そこは少なからず問題だとは思っていますが、危険度の高さからか責任感は非常に強く、手技も基本的に統一されている感があり、素人じゃ出来ない技も沢山使われ、専門職であることが大いに発揮される職種だといつも思います。
看護師さんは「人によるけどね」との事なので、まあそこは人間がやる仕事なので共通しているのでしょうね。

では、介護士はどうなのかと言うと、そのバラつき度が半端じゃないので、いつも言いますが社会的地位が一向に上がらない。プロとは、「こだわりを持つ」ことだと思うんです。「面倒くさいな」「ちょっと横着したいな」という気持ちよりも上に行く拘りを持つと、自分の介助に納得を求めてしまうので、それがいい結果に繋がると考えています。そこがいわゆるプロ意識ではないかなと思います。
一つの問題に対して複数の意見が出たとき、どれを取るかという選択を迫られますよね。その時に本来であればほぼ一致した選択をすると思うのですが、実際はそうではない。その原因は施設にあると思います。つまり、何を重視して業務に当たるのかを教育出来ていないから選択する答えが一致しないわけで、それは「その施設にこだわりがない」と言えるのだと考えます。つまり、さきほどの介護士の一般論と同じでレベルが低い、となる訳です。

もちろん、介護という仕事の中は非常に広く、誰にでも出来る雑用も少なくありません。プロ意識が強ければ強いほど、そういった部分の業務に違和感を感じる方も少なくないかも知れませんね。

ただ、看護師も介護の分野介護士の理解無く判断発言も見られるので、もっとその辺の教育もしてもらいたいものです・・・。


この部分ですが、私が常々思いますには、お互いに専門分野は尊重すべきだと思います。ですから、私も看護師さんの分野には「ほぼ」口を出すことはありません。「ほぼ」としたのは、過去に介護士が原因で看護師さんの業務を大きく妨げることがあったので、それを回復すべく提言したことがあります。それを除けば無いとは思いますが。
問題が生じやすいのは、「共通する業務がある場合」だと思います。専門性の高さからか、介護士よりは看護師さんのほうが「上」であることは、資格に許された範囲からも窺えます。だからこそ「互いに尊重」すべきなんですよね。そしておおぞらさんがおっしゃっている事もよく分かります。介護士が看護職のことを何か指摘することはすごく少ないと思います。しかし、多くの施設でも逆はあるようです。これは上司が大きく影響するでしょうね。つまりは教育なんですが。


看護師さんの視点から、介護士を認められるような段階にはまだまだ来ていないという事でしょうか。そこは社会的地位と共通している気がします。

多くの施設では、介護職をまとめる職員が元看護師さんという職場も多いと思います。介護長のような介護という仕事、介護士を尊重してくれる上司が居ると居ないとでは大きく違います。逆に言うと、元看護師さんの上司が介護士を尊重出来る人が居れば凄いと思いますし、過去にいらっしゃいました。心から尊敬しました。無能な中間管理職のせいで半年を待たずに退職されてしまいましたが・・・。

10年先も、日本の介護施設は変わってないでしょうね。変わるか変わらないか、それはやはり「我々介護士にかかっている」と思います。



unbobo_boy at 11:58|PermalinkComments(1)

2009年06月06日

吸痰、特養介護職員はOKへ。

ネットニュースでたまたまこの記事が載っていたので、少し服薬介助について書こうと思います。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

たん吸引など、特養介護職員に認める…厚労省方針
6月6日14時46分配信 読売新聞

 厚生労働省は6日、特別養護老人ホーム(特養)の介護職員に医療行為の一部を認める方針を固めた。

 看護職員が少ないため、介護職員が無資格で医療行為を担っていることから、認められる行為に関する指針を作って安全確保を目指す。年内に各地の特養でモデル事業を行い、早ければ来年度にも実施する考えだ。

 10日に開かれる同省の検討会でこの方針を説明し、モデル事業の実施を提案する。

 モデル事業では、研修を受けた介護福祉士が、医師や看護職員の指示を受け、口腔(こうくう)内のたんの吸引と、経管栄養の経過観察、片づけを行い、指針作りの参考にする方針だ。

 特養は全国に約6000か所あり、約40万人が暮らしている。「生活の場」と位置付けられているため、看護職員の配置基準は入所者100人あたり3人と、病院などに比べて手薄だ。約75%の施設が基準より多い看護職員を配置しているが、夜間も常に看護師がいる施設は2%程度。同省の調査では、たんの吸引の約2割は看護職員が手薄な午後10時台〜午前5時台に行われていることから、実際には介護職員が一部の医療を行っている実態がある。本来、医療関係者にしか認められないため、医師法違反に当たるとして、行政指導を受ける施設も多い。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
だそうです。

ここで重要なのは、特養だということ。一定の条件下で許される、ということです。

老健は24時間、看護師さんがおりますので、該当しないわけです。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

服薬行為について職場で議論になりかけておりますが、NSが24時間いるのに介護士に服薬介助を求めることは適法かどうかではなく、NSが専念出来るようにすべきだと思っています。それをせずに、法的に問題はないから介護士も…って、僕の感覚とはちょっとズレています。

率先して薬を触る介護士も悪いとは思いますが、僕は原則触りません。触らない代わりにとやかく言いませんが、完全に内服出来ているかどうかと、万が一誤薬しても危険な薬があるかないかは関係のない話だと思っています。

5000歩譲って介護士も薬を触るのであれば、責任を持って研修を行って欲しいものです。その辺をいかに対応していくかは、施設の入所者さんに対する責任感が表れるだろうと思いますので、傍観させてもらおうと思っています。

ちなみに、2005年、厚生労働省から「医行為」の範囲に関する通知が出され、介護従事者が行われる範囲が明確となっている内容は以下の通りです。

■医行為の範囲外
1 体温計による腋下・外耳道での体温測定
2 自動血圧測定器による血圧測定
3 新生児以外で入院治療の必要がない人への動脈血酸素飽和度を測定するためのパルスオキシメーターの装着
4 軽徴な切り傷、すり傷、やけどの処置(汚物で汚れたガーゼ交換を含む)
5 皮膚への湿布の貼付や目薬の点眼、一包化された内服薬の内服、肛門からの座薬の挿入。鼻腔粘膜への薬剤噴霧の介助(容態が安定していて医師などの経過観察の必要もなく、使用方法などに専門的配慮が不要という条件を満たす場合)

■原則、医行為として規制する必要がない行為
1 爪やその周囲に異常がない場合の爪切りや爪の手入れ
2 重度の歯周病などがない場合のブラシや綿棒による歯・口腔粘膜・舌の汚れの除去
3 耳垢の除去(耳垢塞栓の除去を除く)
4 ストマ装具のパウチにたまった排泄物の除去(肌に密着した取替えを除く)
5 自己導尿を補助するためのカテーテル準備や体位の保持
6 市販のディスポーザブルグリセリン浣腸器による浣腸

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

さて、どうなるか。

unbobo_boy at 22:09|PermalinkComments(7)

2008年03月26日

何のため、誰のため。

別件ですが。

・異動後。
・ワーク・ライフ・バランス
・老健でのPTとCW。
・業務の在り方。
・介護量とマンパワーとのバランス。
・生活リハビリ。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

以前要請を受けて現在まで未公開としている記事以外で、最近の仕事関係の『書きかけ・未公開記事』のそれらですが、既に書くことすらアホらしい。

仕事ですからこっちはやるべき必要最低限はやろうとするので、やる気が無いなら無いで、対外向けのうわべだけのアピールならそうだとハッキリ言ってくれないと、実践しないんだったらそれまでに費やした時間や労力がアホらしいでしょ。一つの為の準備に十何時間も掛けてるんだから。現場スタッフは誰も二度としなくなりますよ。手遅れでしょうけど。

勿論、それも想定内なので「やっぱりか・・・。」ですけど。なので腹は立ちませんよ。

「うんぼぼさん、あんまりキッチリすると、しんどくなりますよ(一昨年のある場での言葉)」って、最低限の当たり前のことですし、仕事です。して下さい。

程度の低いことイワセナイデクダサイ。

(という一昨年前の思いが確定されました)

unbobo_boy at 23:58|PermalinkComments(4)

2008年03月04日

報告会、乙。4

報告会終わりました。本当は今日の休みは散発に行って、ボウリングにも行きたかったけど、我慢しました。髪型に関しては既に角刈りではなくなっている。

ちなみに今日は寝癖がほとんど付いていなかったので、起きたなりでした

昼前に一度職場に行って資料作り。報告会での時間枠は少なくとも10分は確保して欲しい旨を伝えると、委員さんのほうで配慮してくれて、最後のほうに回してくれました。
「(*゚∀゚)っ残り時間たっぷり使って」って。その時点で原稿の読み上げ予定時間は14分。

かと言って、内容によっては言いにくいと言うか、あまりに主観に偏った意見をいう場でもないので、半分ほどに削った原稿のまま、結局15分ほど頂きました。

話した内容は聞かれた人によって反応はマチマチかも知れませんけども、とりあえず全体に話の出来る場は最後だろうという思いもあって、どさくさ紛れにいつも思っている事も話しに加えさせて貰いました。

最終的に選んだ内容は次の3つ。
 崟楸面」
◆屮▲奪肇曄璽犂供
「ケアプランとその実践」
でした。

「接遇面」はどうしても指摘の出る部分ですし、「アットホーム感」は最近の気になる出来事があったから、迷いましたが時間が貰えたので入れました。「ケアプランとその実践」は本来ケアマネさんが話をする分野でしょうけども、介護士の立場からアセスメントの重要性を少し話させてもらいました。後は今までに問題と感じた点、自立支援の意識、組織とルール、指針、そしてやっぱり自己覚知。

結びにも言いましたが、出来れば一番お話ししたかった「介護士の増員」について、介護量とマンパワーとのバランスの視点からお話ししたかったのですが、時間が4〜5分かかる事と、主観が濃く、後で呼び出しを喰らいそうな部分も少しあったので、やめておきました。

とは言っても、一部加工して記事にはしますけどね。多分・・・。

これで所属委員会の荷物が一つ片付いて、残りあと一つ。レポートシートを作らないといけない。実際の活用は新委員さんに委ねることになるけども、最低限の成果を出すにはこちらから様式を渡し、記入して貰うことが必要だろうという思いからだ。もちろん、関係スタッフの同意も貰っている。

それが、僕が業務上で出来るであろう最後の務め。少しでも良い影響を残せたら幸いである。

本当はもっと頑張ってガツガツと成果を残せたと思うけども、自己満足で終わるのは嫌だったので現状で終わった。っていうか終わる。今月一杯で。

そして、次の委員長はウチのフロアからみたいだ。

「チョット、うんぼぼさん。私にしてくれって言われたんだけど。」

やっぱり。予想的中。っていうか、自分の中での最有力候補(他フロアの介護士さん)が抜けるんだもんなぁ。残留組が2人しかいないので、どちらかと言えば、ウチのフロアの方ですわなぁ。

聞いた瞬間、「プッw」って笑ったら、「笑い事じゃないし!!」って。
是非頑張って下さい。陰ながら応援いたします。

手伝わないけど(・∀・)つ。

念願の1年越しのオサラバ。自分よ、乙でした( ´∀`)つ。

unbobo_boy at 21:43|PermalinkComments(0)

2008年01月08日

自然体が大切。

 今日はフロア会議がありました。私の所属委員会からのお知らせと言うかお願いと言うか通達と言うか、現状のやり方から基準に沿ったものへの変更をお願いした訳です。
 それについての意見、これまでの経緯を聞き、その上で「基準に合わせる」との見解をもらい、まぁ充実した会議になりました。

ブログにも何度も書いてきましたが、「組織内での統一の重要性」っていう所の理解が進むと、これらは簡単明瞭なことなんですけどね。

「義務」ではないですが、企業、会社というものは社会教育という要素を求められている筈です。僕も含めて誰しもが最初から物事を分かる訳ではありませんし、教えられて学ぶ事もあれば、失敗して自分で発見する事も多いでしょう。自分の失敗や経験から学んだものは生きた知識として根強く残っていくものですが、人から教えられるモノは、それを素直に自分のものに出来ない場合があると思います。

人間同士、常に相性というものが付きまといます。自分が好感を持てる人の意見は賛同しやすいですが、逆の場合はどこか粗を探して反対したり、難癖つけたりって事も人間ならば起きやすい事だと思います。でもその事が良い悪いとは一概にして言いにくく、人間共通の心理だと思います。

ちなみに、かつての会議で人間の心理の話をしたら「心理なんて関係ない」って言われた事があったけど、細かくは覚えてないけど絶句しました。

ですから、僕は昔から中立の立場を大切に、意見の中身で議論してきたつもりです。そして、ここが弱点(?)にも繋がるのですが、それを他人にも求めている事です。自分は低能な人間だと思っていますので、僕が分かる程度の事は皆が分かっているとし、それとは別に、3言えば7分かって欲しいと思ってしまいます。もちろん、話をしていって理解されていないようであればどんどん下げていきますが、1〜10言って理解されない場合は、ホント困りますね。
(いえ、現状の事ではありませんよ。)

誰がどう考えても明らかな事ってあると思います。

決まりを守る。これはルールです。ですが、ここで注意すべきは、その決まりが妥当なものかどうかという問題です。難のある決まりだとしても、それを勝手に変えてはいけません。決まりは決まりですから守らないといけませんが、正しい方向に導いていく作業が大切であって、勝手に変えては、それは悪として責めを受けても仕方ない状況にもなりかねません。


僕は自然体が大切だと思っています。本来自分のあるべき姿で、無理のない姿勢で臨む事が大切だと思っています。ですから仕事でも100%の運動量で動くことは通常ありませんし、しないようにしています。廊下も、極力走りません。走ってたら「どうしたの?うんぼぼさん!! 」って言われる位マイペースで仕事をしています。なぜならば、100%発揮し続けることなど、誰にも出来ないからです。頑張る事は大切でしょうが、無理してはいけません。無理しないと回らない業務が当たり前にならないように、それだけは防がないといけないと、常日頃から留意しています。

自然体で臨む事がとても大切だと思いませんか。

かつての会議で「自然体でいいと思いますよ」って言ったら失笑を喰らった事がありました。もう2年ほどなりますかねぇ。僕のいわんとしていた事がなんら伝わっていないのは0.2秒で理解しましたが、言葉足らずと言えばそうでしょう。無理しないで動く事で、出来ることと出来ないことが自然に表れることを言いたかったのですが・・・。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

(つまらない抽象的な話ばかりですみません。)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
「世の中に絶対なものはない」ってよく聞きませんか?

賢そうな響きではありますが、僕はあると思いますよ。事実たくさんありますし。

だったら言ってみろ、という人も沢山いるかも知れませんが、冷静に考えれば身の回りにいくらでもあると思いますよ。

周りに惑わされずに、自分自身で判断していく事がとても大切だと思います。

unbobo_boy at 23:44|PermalinkComments(10)

2008年01月03日

夜勤明け。

本日1月3日。夜勤明けでございます。嫁は子供を連れて実家に帰省していますが、自宅には甥や姪たちが僕を待っています。

Wiiをする為に。

「Wii Sports」と「WiiFit」をさせました。というか一緒にしました。

直感的な操作なので幼い子でも一緒に楽しめるので、改めてWiiはスゴイなぁと思った次第です。

しばらくして不眠24時間を迎え目眩がしてきました。(;´Д`)

さらに追い討ちを掛けるようにイトコが子連れでやって来て、目眩に勝てず逃げました。Σ(´д`;)

unbobo_boy at 15:36|PermalinkComments(0)

2007年11月22日

業務の統一。4

「業務の統一」をなぜ謳われるのか。

この件についてはなかなか理解に及ばない事、しばしばである。

先日より業務の在り方を記事にする為に書きかけているのだけども、そんな中、今日、異動が正式に発表されたらしい。
(らしいと言うのは、僕は今日は休みなのだ。)

なんにせよ良いことだ(´∀`*)。 スタッフ全員に適度な緊張感が生まれるし、良かれ悪かれそれぞれのフロアの入所者さんにも影響する。

すべてのフロアに言えるけども、もうすぐ開設して丸3年を迎える。

「異動があった時に困るから」って業務の統一を言ってきたけど、いつになっても異動らしい異動は無く、仕事とは言え、そんな自分を「端から見たらまるで狼少年だなぁ」って思ってたから。
異動が無いなら無いなりに考えなきゃいけないからね。

異動にあたっては、誰でも不安があるだろうし、入所者さんを一から覚えなくてはいけない。しばらくは心的負担は少なからず出てくる。だからこそ、少しでも混乱を抑える為、日課の擦り合わせに努めてきたつもりだ。
(とは言っても正味、3F・4F間に限っちゃうけど。)

本来は異動月みたいなのを設定して、「あるか無いかは別としてこの時期には異動があると思っておいて下さいね」って感じだったら、スタッフの持つ緊張感という面では効果あるんですけどね。

そして、今回の人事異動で「業務の統一」の必要性を理解される事に期待している僕であった。

しかし、介護士だけですかぁ。( ´_ゝ`)

unbobo_boy at 22:00|PermalinkComments(2)

2007年08月12日

ヘルプマン5

ちょっとまえに、「おおぞら」さんから8巻が発売されていると聞いていた「ヘルプマン」。
4〜8巻まで買い足して、とりあえず揃ったものの、なかなか読む時間が無く、やっと8巻を読み終えた所。

ヘルプマン

やっぱりケアマネって、どうなんだろうねぇ。体が動くうちは興味が沸かない。


( ´_ゝ`)ノ「(って腰がボロボロだろ!!)」

そして、今日は夜勤・・・。( ´_ゝ`)

unbobo_boy at 09:27|PermalinkComments(12)
↓ 管理人です ↓
     UNBOBO



サブタイトル
【老健で闘う介護人】

    三児の父です。

上の絵は次男が(当時3才4ヶ月)が 筆ペンで書いた顔です。
優しさ溢れてます。
神懸かってます。

老人保健施設で介護士をしています。変わることなく闘っていきたいと思います。

頂いたコメントです
チューナー