DSやWiiの大当たりで大儲けの任天堂ですが、それらハードウェアの修理にあたり、神対応とネット上で広く囁かれています。

何が神かと言うと、超太っ腹に新品交換とか無償修理とかバンバンしているということなんですね。これは結構前から言われているんですが、実は僕が持っているニンテンドーDS Lite(アイスブルー)のタッチスクリーンが数年前から酷く調子が悪く、3ミリくらい場所がずれるので、非常に使いづらい状態だったんですね。でも、ボタン操作するゲームが多かったりしてたので、ずっと放っておいたんです。

しかし、最近子供たちに遊ばせているので、そうするとタッチスクリーンの状態がそんな状況なので困る訳ですね。

仕方ないので任天堂に修理に出すことにしました。

とは言っても、修理発送キット(無償)が届いてからも2ヶ月近く放っていたでしょうか。

それでやっと数週間前に出したんですね。

すると携帯に「任天堂からのお荷物 3,500円」とかってメールが来るもんですから、「保証期間過ぎたモノをタダで直してはくれんか。神は降臨せんかった。」と3,500円の代金引換でDSは帰ってきた訳です。

そして(ゲームしないから)それからも日にちが経ち、思い出してさきほど荷物を開けてみました。

続きを読む