老人

2008年05月15日

老人の性。

『老人の性』について書き始め、締め切りもあり、一応書き終えました。文字数にしては10000字足らずですので、大した文量ではありません。またここで紹介するような類のものでもありませんので載せませんが、内容は以下のものです。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
1.学生の時オシメ交換又は清拭をした時、どんな風に感じたか覚えてますか?
2.老人とは、言え他人の性器を見る事を正直、うんぼぼはどう思ってたのかしら?
3.利用者さんからのセクハラ的な行為を受けたと思うような事は、ありますか?
4.それは、どんなものですか?
5.その時あなたは、どんな風に感じましたか?
6.介護者は、"老人の性"をどんな風に捉えているのかしら〜?
7.今あなたが施設で"老人の性"で疑問に思う事、困ってる事を教えてください。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
特に「6」は普段気にせずに過ごしがちなモノですから、いざ具体的に示すとなると難しいものです。

unbobo_boy at 02:58|PermalinkComments(0)

2008年05月12日

寄稿。

寄稿とは言ってもそんなに大げさなものではないですが、専門学校当時の先生が所属するある研究会で、
「人間の生と死という起点と終点を結ぶ線上に、いかにより良く生きるかという人間関係」を研究しておられるようで、「老人の性」に対する感想を実習の時などを振り返り教えて欲しい、と頼まれていて、作成中であります。

「学校での『こうあるべき論』とは違う思いや感性をうんぼぼなら持っていたと思うのよ。」と言われれば、断る理由もございません。

誰もが年老いていく中で、老人の性をどう捉えていけばいいのか、という難題ではありますが、具体的な問いが7つあり、それに答えるので論文めいたものではありませんし。

15日締めなので、それまで休刊します。
(多分。)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
ブログネタは溜まっていますが、時間がございませぬもので。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

unbobo_boy at 22:32|PermalinkComments(2)

2007年04月11日

清拭・・・。1

あぁ、仕事の文句書くの、去年ぶりですかね。まぁ文句って程でも無いんですけど。この情けない現実を聞いてやっておくんなさい。

僕は現在、介護の仕事をしています。この介護の色々な仕事の1つに排泄ケアたるものがあります。

僕は排泄ケアのオムツ交換時は必ず陰部を清拭タオルで拭きます。必ずというのは真夜中も含めてです。世の中には拭かない介護士や看護師の存在もある訳で・・・。

詳しくは後述するとして、先日とても面白く、またシャレになってない話を聞きまして、今もなお可笑しいです。

とある老人施設の話なんですが、人から聞いた話なので話半分で読んで下さい。

オムツ交換の対象が女性のご老人での話です。

一般的に、紙オムツを使用する際、オムツの一種である尿取りパットという10センチ×30センチほどの長方形のものを併用し、そのパットだけを交換します。負担の軽減と経済的にもメリットがあります。

ある施設のあるフロアでは、夜中、老人女性に紙オムツを使用する場合、併用する尿取りパットを2枚、3枚と重ねて仕込む職員が多くいるそうです。

●●クイズ●●
なんでそんな事をするのでしょうか?

●●答え●●
股の間からパットを引っ張りぬくだけで早く済むから。

なんですって。


「( TДT)かわいそう・・・。って言うか許されるのか!?」
後ろから前向きに抜くのか?尿路感染の一因になりそう・・・。

●●●●●●●●●●●●●●●●

それでですね。僕は紙オムツの中に尿取りパットを何枚も何枚も重ねて、定時のオムツ交換でパット抜いて「はい終わり。次行ってみよう。さっさと終えよう。」なんて絶対にしないわけ。と言うか、当たり前過ぎてこんな事話題にも議題にもあがらないですよ。あがった事ないでしょ!? 多分どこの施設だって。

しかしこのような事を会議の議題に挙げたらしいのです。

Q「清拭タオルの使用数が減ってないらしいのですが、どうしましょうか。」
A「夜中の0時のオムツ交換での清拭タオルの使用を禁止しましょう。」
B「そうしましょう。」

という、ニュアンスは分かりませんが、その様な結果が導かれたらしいです。
僕がその様な決め事をされる所で働いていたら、500%ブチ切れてます(`・ω・´)
必要なものは必要なんだから本部の決めた根拠の無い決められた本数でどうやって陰部の清潔を保持するの?代わりに陰洗?もし陰洗するっていうなら何も言いませんよ。でも当然そんな事する訳ないし、夜中の0時に陰洗なんて普通しないでしょ。

それで埋め合わせと言っては何ですが、パットの重ね当てはやめましょう、だと。

いや、だからね。パットの重ね当てをする人は毎回清拭タオルで拭かない人がする行為であって、普通しないし、しちゃいけないでしょ。人として。プロの介護士として。でも端から見たら、全く同じ介護士でしかないわけ。つうか、ご家族さんはそんな事されてるって絶対に知らないし、一度ご説明申し上げた方が宜しいかと・・・。絶対に入所者さん居なくなるけど・・・。

当たり前に毎回清拭タオルで拭く職員は、紙オムツの中にパットを重ねて仕込む事に時間的メリットなど皆無だという事は理解してますよね。側臥位にした時に新しくパットを当てますので、重なっていると位置が定まらないので結局パットの位置調整をしなくてはならず、また新品を使うことの爽快感が介護者側にもありますから。
尿量が多かったりして紙オムツの交換も必要な事もありますから、重ね当てしてても動かさなくてはいけないので、やはり意味がない。

まぁ理由があろうとなかろうと、そういった職員は横着心で重ねてますから、それがけしからんのです。

そういえば今の施設に入った頃、そんな職員が多くて、でもパットの重ね当てや清拭タオルの使用について決めてしまうと、多数決で採決された日には誤った方向に決まってしまうと、それに耐えられない僕は辞職を考えざるを得ない、またはブチ切れてしまうので、敢えてこれらについては議題に挙げないように周囲にも諫言したものです。「わしはわしのやり方を邪魔されんかったらええ。でも全体の決め事は守らないといけない。だからこの問題には敢えて触れるな。」と。

にも関わらず、とある施設のとあるフロアはこのような馬鹿げた決め事を平気でしゃあしゃあと・・・。恐ろしいです。

特に夜中の排泄ケアで清拭タオルで拭かない職員から帰ってくる答えに100%入ってる言い訳は、
「安眠妨害になるから。夜はゆっくり寝かせてあげたいから。」と。

そして僕は言うのです。
「あんた、実際にその夜中に温かい清拭タオルで拭いてあげた事あるの?無いでしょ? 拭いとったら、「あぁ気持ちいい。すんません。おおきに。」ってまず間違いなく言われるから。その事が解っていないのはあんたらが夜中に拭いとらん証拠や。そのくせ、安眠という言い訳で自分の事を正当化するんじゃないよ! まぁ拭いてみ。絶対に清拭に汚れが付いてくるから!! そんな事もせずおって早く済ませて寝かせてあげたいだと?ハァ(゚д゚)?拭かれもせずにパットをてんこ盛り当てられて、夜中は抜かれるだけで、安眠? あのな?パット3枚も当てられてみ?オムツ開けたら花びら開くみたいにパットがヒラヒラ〜って降りてくるわ。夜中にわしを笑わせてどうするんや!!」


まぁ結局は他人事ですか・・・(´_ゝ`)。

この仕事は自分との闘いなんです。

unbobo_boy at 23:37|PermalinkComments(6)

2007年02月28日

この人がUNBOBO。5

今日、嬉しい事がありました。

異動前に所属していたフロアへ物品を貰いに仕方なく行きました。

YANA君がいて、フロアへの侵入すら嫌がる僕を見て、こっちに来るように大きく手を上下させている。先日、イラストの取り込みについて尋ねられた所だったのを思い出した。

CD-ROMから取り込んだ画像ファイルがなんとPDFファイルだというのだ。あまりに不自然な話だから気にはなっていた。一般的には、BMPかGIFかTIFFかPNG、JPGのどれかでしょう。
 その事もあって仕方なく詰所に入った。他のスタッフはカンファレンスしており、そこへYANA君と入って行った。

これ見よがしに右手で顔を隠しながら・・・。

「なんで顔隠してるの!!(;´Д`)」

との突込みもそこそこに、PCに向かった。確かにPDFファイルである。

不思議だ。WORDなどに使おうとしても使い物にならない。

YANA君にはフォトショを使って、
「こうすれば出来る事は出来るけど、全部のイラストに適用するなんて面倒くさいよ。」
と話をしていて、そのCD-ROMの持ち主がそのイラスト集をもっており、見せてもらった。
表紙をみるなり、「はぁ、なるほどね(´_ゝ`)。」

つまりは「型紙集」なのでした。チャンチャン。

って、これが嬉しい事な訳はありゃしません。


本題に入ります。

上記のやりとりがある中で、ちょうど社会福祉士を目指す実習中の学生にスタッフが、
「ほら、あれがUNBOBOさんだで!!」と連呼しているのであった。

「何よ!?」と聞いてやると、

「この子(実習生)が『UNBOBOさんてどんな人なんですか?』って聞いてたもんだから。」と。

「なんでおらんもんの名前が出るねん(゚д゚)」

と聞いてやると、どうやらその実習生さんは、複数の入所者さんから、
「UNBOBOさんはええ人や・・・。」と何度も聞くと言うのだ。

あんまり言われるものだから、どんな人なのか気になっていたらしい。

ちなみに3Fのスタッフがその問いにどう答えたか迄は聞いていないが・・・。

まさか、「病的・・・」とか抜かしてるんじゃないだろうね。

つまらん事を言ってないだろうな。
「(というかつまらんのは僕じゃなくて・・・(・◇・)。)」



まぁその辺の詳細はさておき、入所者さんにそう言ってもらえると言う事はとても励みになります。

仕事関連の投稿を公開していた頃にも書きましたが、入所者さんを甘やかす訳でも、過剰介護する訳でも、全ての要望に応える訳でもない僕が、そういった支持を頂ける事が何を意味しているのかを、スタッフの皆さんには考えて欲しい、と思います。

偉そうな事を書いてますが、そういった評価を貰えるだけの事をしている自負がありますし、自信持って仕事してますので。

まぁ、そんな事を期待しても仕方なかったフロアではありますがね。
( ̄へ ̄メ)

unbobo_boy at 23:00|PermalinkComments(0)
↓ 管理人です ↓
     UNBOBO



サブタイトル
【老健で闘う介護人】

    三児の父です。

上の絵は次男が(当時3才4ヶ月)が 筆ペンで書いた顔です。
優しさ溢れてます。
神懸かってます。

老人保健施設で介護士をしています。変わることなく闘っていきたいと思います。

頂いたコメントです
チューナー