宵刊 うんぼぼ

・・・・・・・・・・・・・・ http://unbobo.livedoor.biz/ ・・・・・・・・・・・・・・

W2363V

GT4物語(第9章)。

過去にGT4物語シリーズでお送りしてきた記事も、今回で第9章となりました。

が、訳あって今回が最終章となりました。

というか、最終章にしてしまいます。


前回の第8章を書いたのが「2008年06月12日」で、1年半前ですね。なぜこれほど間が空いたかと言いますと、ゲーム機につなげるハンドル型コントローラ、いわゆる“ハンコン”と呼ばれるものですが、プレステのグランツーリスモ公認のハンコン、GTForce Proを入手後、コタツに設置して遊んでたのは過去の記事にある通り。

実はその頃、並行してコクピットの作成にかかっていた。材料はイレクター。
イレクター1


見た目のこともあり、家の裏庭(今は喫茶室を建設中)で新聞を広げ、黒に塗装する。
イレクター2


日なたで乾燥中。
イレクター3


これが設計図1。
コクピット設計図1


設計図2。
コクピット設計図2


一応組んだイレクター群。木の板にハンコンを挟み込み固定し、網網の滑り止めの所にペダル部分を設置するつもり(であった)。
イレクターコクピット


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

実はここまでは1年半前に出来ていたのだ。

問題は、遊ぶ場所だった。テレビがあって、出来ればコクピットを置きっぱなしにしておきたい。座る椅子も決まっていない。子供たちのも遊ばせてやろうとすると、コクピットの固定箇所を考えねばならない。

それらの問題と、一応ハンコンでのゲームの面白さを体験し、ある程度満足してしまっていたのだ。

そして、長らくも1年半、放置したままだったのが、第8章から今日の記事までの長い空きの理由である。

さらに、この記事を書き終えないと、以降に関連している記事を書くことが出来ないというデフレスパイラル状態の悪循環に陥っており、それを一気に解決させたのが、例の液晶モニタの買い換えである。
 あのモニタ「W2363V」を選んだのはコンポーネント入力端子が付いており、PS2を繋いでグランツーリスモ4を遊べるからだった。あの時はまだ、モニタを前にコクピットを調整して、ハンコンの取り付けをして遊ぶ時に設置していこうと思っていた。



ところがだ。意外なことに気付いたのだ。



パソコンのモニタを置いているパソコン机に、“とりあえず”ハンコンを取りつけてみたのだ。
PS2-GTFP2
すると、なんとビンゴ

しっかりとした机なので、ハンドルをギコギコ動かしてもがっつりと腰を据えている。しかも、ペダル部分を床に置き、椅子に腰かけた時の高さと距離加減が絶妙に良い。

この時点で、既にイレクター製のコクピットの必要性が一気に急降下したのだ。

下の写真は、ハンコン「GTForce Pro」とPS2を接続した状態。
黄色い枠がPS2本体。
PS2-GTFP1


緑の枠がハンコンのペダル部。
PS2-GTFP3


写真はグランツーリスモ4のプレイ画面。
PS2-GTFP4


これはリプレイ画面。ハンコン使用時は画面にハンドルが表示される。
PS2-GTFP5


娘にさせてみた。ハンコンはモーター搭載で結構重たかったり反動(フォースフィードバック:FFB)があるので、子供が使うときには特に注意が必要。自分でも手首がグキッっとなる時があり、初代GTフォースに比べ、倍の強さになっているので、裏コマンドでFFB効果を軽減させる。
PS2-GTFP6

問題は、このHDモニタでPS2を遊んだところ、1920×1080のモニタ解像度でDVD画質のPS2を表示させると、その粗さがやけに目立ち、一気に萎えてしまった。

そこで、PS3への物欲がフツフツと沸き、購入に傾いていたのだが、PC用のレースゲームのデモ版をインストールして、試しに遊んでみたんですよ。そしたら、めっちゃ綺麗だし、ハンコンをPC用ドライバをインストールした上でデモを遊ぶと、それはそれは面白くて。

一言で言うと「PS3いらんやん。」って感じ。

ということで、コクピットは子供用として今後使っていくことにした。

後日、デモ版について記事にしていきます。

GT4WRC4

W2363V(初期不良編)。

2週間以上前ですが、2009年10月10日の「新しいモニタはW2363V。」からの続きです。

届いたモニタを開梱し、モニタ本体側にケーブルを接続、設置し、まずは一服(-。-)y-゚゚゚。
(吸わないけど。)

前回の記事はここまでの状態。


その後、DVIケーブルをPC本体のビデオカードに接続。さらにDVI端子から変換アダプタでRC-232Cケーブルを17インチのモニタの方に接続。これでデュアルモニターの準備完了。
後は画面のプロパティで設定。ちょっと憧れの環境。
心なしかカッコイイ。
W2363V代品8


画面を広く使えるだけでなく、ビデオ編集しながらネットも出来るし、使い方は広がる。
W2363V代品7


新しく買ったこのモニタ。解像度は1920×1080なので、ブラウザを並べても当然ながら余裕。
W2363V代品4


スピーカーは非搭載。PCからの音声出力をモニタのAudio-Inに接続。そしてモニタにある音声出力端子からスピーカーに繋げる。こうすることで、モニタにあるサラウンド機能が使える。
今後、ブルーレイの再生を考えて、サラウンドスピーカーにPCの5.1ch出力でTrue-HD環境を構築する予定だ。別に急がないので、それまではステレオスピーカーで過ごす予定。

まず、デジタルBSのHD番組を視聴。フルHDの画質を確認。
写真はBS日テレの「P★リーグ」。
W2363V代品5


YoutubeにアップしているビデオのHD画質(1280×720)を全画面で試してみる。思いのほか綺麗に見える。
W2363V代品6


ゲーム向けのモニタでもあるため、ストリートファイター?のベンチマークを走らせてみた。
W2363V代品9

自作した時に、ビデオカードにはあまりお金をかけておらず、Radeon HD4830に妥協したため、さすがにフル解像度でベンチマークを計るとランクがBに下がる。とは言っても見る限りコマ落ちのような現象も気付かない。問題は感じない。

目的の一つは「PS2」をコンポーネントで接続すること。だからこのモニタを選んだのだ。

PS2は確か解像度が720×480だったかな。PS3は1920×1080のフルHDだ。しかし持ってない。高いもん。欲しいけど。っていうか、GT5をやりたいんだぁ!!

<画像はYoutubeのGT5動画>
W2363V代品10


まぁそんなことで、すっごく久しぶりにPS2を出してきてGT4を起動。早速コンポーネントにソースを切り替え、「出たぁ。」PS2、無事に表示された。
W2363V代品11


そして、このモニタのサラウンド機能を試すべく、Audio-OUTからスピーカーに繋げるが音が出ない。音声信号により点灯するTru-LIGHT機能のLEDも光らない。

<結果>
題名通りですが、初期不良品でしたアウアウ。

LGカスタマーに電話して、状況説明、初期不良の判断を仰ぎ、「販売店にカスタマーの○藤が初期不良と判断したので、代替品を手配してもらって下さい、と言っていたと伝えて下さい。」とのことで、ドスパラに伝え、5日ほど掛かって代品が来ました。

W2363V代品1


W2363V代品2


特典のタワーオブアイオンのマウスパッドやカードケースが付いていたので、2セットになりました。
(使わないけど。)
W2363V代品3


今度は大丈夫でした。無事にスピーカーに繋げてサラウンド効かせています。

新しいモニタはW2363V。

2009年09月19日投稿の「TF発進でモニタ選び。」でモニタを注文した事に触れ、2009年09月22日投稿の「モニタ到着。」で、新しいデスクトップPC用のモニタが届いた事を書きました。

詳細はまだ記事にしておりませんでした。というのも理由がありまして。その理由はまた触れていきますが、とりあえず梱包からセッティングまでを書きます。

購入したモニタは、LG製の「W2363V−WF」で、購入先はドスパラ。
購入価格は27,800円。(クリックで拡大)
W2363Vドスパラで購入。


おもな仕様は以下のとおり。

●「W2363V
・23型ワイドフルHD液晶ディスプレイ
・ゲームでの遅延を秒間1フレームに抑えるスルーモード。
・音声信号に反応して光るTru-LIGHT機能
・輝度:300cd/m2
・コントラスト比:70,000:1
・視野角:上下160度/左右170度
・チルト角:上15度〜下-5度
・応答速度:2ms (GTG)
・インターフェース:ミニD-sub 15 ピン/DVI-D(HDCP対応)/コンポーネント/HDMI×2/3.5ミリステレオミニ
・消費電力:42W
・本体サイズ:幅556×高さ419×奥行き206mm(スタンド含む)
・重さ:5.2kg(スタンド含む)
・付属品:電源コード/信号ケーブル/ユーティリティーディスクなど

DVテープが積まれ、CDやDVDも積まれ、周りはメディアだらけになっている。
W2363V2

夜中に今まで使っていた17インチの液晶モニタを外し、周りを片付けて設置準備。
W2363V3


では開封へ。
W2363V1


まずは小さいAmazonの箱からPS用純正コンポーネントケーブルを取りだす。
PS用純正コンポーネントケーブル


そしてメインの液晶モニタの開封。1年以上も買うか買うまいか悩みながら過ごしてきた。
W2363V4


本体はうつぶせに梱包されてます。
W2363V5

RS-232CケーブルとDVIケーブルも付属してます。
W2363V6

ゲーム用に特化したモニタでもあり、初回生産品にはタワーオブアイオンというゲームの特典品が付いてました。これは販売店で同梱されるようです。
僕には必要ありませんけど。
W2363V7


むむぅ。まさにアニヲタちっくなマウスパッドです。他にもカード入れやシールみたいなのが付いてました。僕にはどうしようもありませんが・・・。
W2363V8

あらかじめ、プレステ用のコンポーネントケーブルを接続しておきます。この端子がある事が購入の決め手になりました。
W2363V9


PC台に置くとこんな感じになりました。
W2363V10

うんうん、いいんじゃないの?


しかし、、、、


なんと「初期不良編」につづく・・・。
頂いたコメントです
↓ 最新記事へ ↓
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数

     月別アーカイブ
       記事検索
    • ライブドアブログ